ホーム 採用管理システムSONAR 機能紹介 内定者サイト まだ内定者SNSを使いますか? -採用管理システムSONAR-


採用管理システムSONAR

全く新しい採用管理システム、SONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

内定者サイト

内定を出してから入社までの内定者フォローに活用できる「内定者サイト」。

採用管理システムSONARをベースに開発された、
内定者フォローの肝を抑えながら業務効率化を図ることができる、内定者管理ツールです。
 内定者同士のコミュニケーションを促す機能も用意されています。

まだ内定者SNSを使いますか?

まだ内定者SNSを使いますか?

2014年卒内定者へのインタビューを通じて、
LINE世代への内定者フォローを検証。


LINEを活用することが日常となった世代に対する内定者フォローのありかたについて考えるべく、
2014年卒の内定者へインタビューを実施いたしました。

企業側からの内定者フォローをどう感じているのか、内定者同士のコミュニケーションはどのように行っているのか。
2015年卒の内定者をフォローするためのヒントとともにレポートいたします。

2014年卒 内定者インタビュー参加者一覧
名前(仮名) 入社予定企業 内定数 エントリー数 ES提出数 OB訪問
有無
SNS
LINE Facebook twitter
リュウ サービス 2社 50社 50社 あり
エミ 大手デベロッパー 2社 15社 15社 あり
ナオト 大手Sler 5社 20社 16社 あり
タツキ テレビ局 1社 6社 6社 あり ×
セイジ 大手証券 1社 22社 19社 あり
ユウマ 総合商社 4社 11社 11社 あり

内定者フォローの内容は各社とも様々。
会社でのアルバイトは好評。


q1

まず、みなさんが受けたフォローの内容について教えてください。
セイジ

セイジ

証券外務員の資格取得のためのe-learningが提供されました。フォローといえばそれくらいで、 あとは学生生活を楽しむように言われました。内定者同士で仲良くなった人は飲み会などで集まっているみたいですけど、僕は面倒なので参加していないです。

ユウマ

ユウマ

懇親会などで実際に顔を合わせたのは数回でしたが、参加任意の学習系の講習がありました。 個人的にはすごく役に立ったと感じていて、迷って参加しない人がいるならもったいないので、ある程度参加を強制しても良いんじゃないかと思いました。

リョウ

リョウ

僕の内定先では、内定者が採用セミナーを企画して学生を集めることをミッションとして与えられていて、それのミーティングなどにかなりの時間を費やしています。次世代の採用に貢献できますし、やりがいもあって面白いプロジェクトなのですが、最後のほうは、いつ解放されるのだろうと思っていました(笑)。僕は文系だったからできたけど理系の子とかは研究もありますし、時間的に参加するのが厳しいだろうなと思います。

エミ

エミ

確かに、学科によっては卒論や研究がすごく大変で、この時期だと、卒業旅行のお金を貯めたりするのに、バイトをしている人も多いよね。そうなると、時間的な拘束が長すぎると参加しにくいですよね。

タツキ

タツキ

僕は、内定者研修が数回ありました。それに最近、会社からアルバイト募集の連絡が来たので、それに応募しました。ちょうど部活も引退してバイトを探していたので、好都合でした。内容としては、入社して若手が最初にやることになる業務の手伝いをするみたいです。

リョウ

リョウ

いいなー、それ羨ましい!僕もどうせバイトするのであれば、内定先の会社でバイトしたいですね。入社するまでに、少しでも自分の会社の雰囲気に慣れておきたいし、仕事も早く覚えられるので。

ユウマ

ユウマ

バイトじゃないとしても、どうせやるなら実際の仕事に繋がるイメージのある研修や課題が良いなって思います。

エミ

エミ

そうですよね。私の会社の場合、会社主導の研修や懇親会は全然ないのですが、放置されているという感じもなくて、職場見学などの希望があれば、申し出れば受け入れ態勢はあると言われたので希望を出そうと思っています。職場の雰囲気などを知れる機会があれば、積極的に活用したいです。

やりとりはLINE。
内定者SNSは「監視されているような気がする」ので気軽に使えない。


q2

内定者同士ではどのようにコミュニケーションをとっていますか?
ナオト

ナオト

内定者同士のやりとりは、ほぼLINEでしています。オフィシャルの内定者SNSはありますが、ログインするのが面倒なのであまり使う気がしないですね。

タツキ

タツキ

僕の場合、内定者SNSを人事の方に全然使っていないと思われるのも嫌で、LINEのやりとりをコピペして内定者 SNS に貼っています(笑)

ナオト

ナオト

僕も、人事の方に監視されているような気がしてしまって内定者SNSを気軽には使えないので、課題提出など必要最低限の時だけしか利用していません。人事ブログなど、コンテンツが全然更新されてなかったりすると、ログインする気もなくなりますね…。内定者が月に1回日記を書くような課題もありますが、そのこと自体に何か意味あるのかなと思ってしまいます。(笑)。僕は文系だったからできたけど理系の子とかは研究もありますし、時間的に参加するのが厳しいだろうなと思います。

エミ

エミ

私の会社は、内定者SNSがなかったので、研修のときに内定者同士でLINEアカウントを交換して、それからはほぼLINEで連絡を取り合って、飲み会の計画などをしています。内定者の一覧なども特に提供されず、「知り合った人たちで勝手に仲良くなって」という感じでした。1 人の内定者が「お前飲み会の幹事やれよ」という感じで指名されて、その内定者がみんなに連絡先を聞いていました。今お話を聞いていると、他と比べるとかなり属人的なつながり方だと思います。

ユウマ

ユウマ

僕は、内定先の先輩を Facebook で発見したからとりあえず繋がったのですが、それっきり何もやりとりできていないですね。やっぱり Facebook だけのつながりだと気も使いますし、あまり積極的にコミュニケーションできないなと思いました。

LINEは、学生がメールよりも日常で使うツールになっている。
内定者SNSの交流効果は疑問。


今回インタビューした全員がアカウントをもっていたことでも明らかですが、LINEの普及率は圧倒的であり、日本国内のFacebookのアクティブユーザーが 2100 万人(2013年8月時点)なのに対し、LINEのユーザーは4700 万人(2013年8月時点)と倍以上となっています。

学生の調査では、ほぼ100%の学生がLINEを利用しているというデータもあり、またその利用頻度も他のサービスと大きな差があるようです(右図)。 しっかりとした内定者フォローを行わないことは、いわば穴の空いたコップに水を注ぐようなもの。これではいつまで経っても採用が終わりません。

こうした状況下、会社側が交流の場として「内定者SNS」を用意しても、内定者同士は水面下でLINEにてつながり、内定者SNSが活用されないケースが多く見られました。 是非、当社に内定者フォローをご相談ください。ご連絡をお待ちしております。

あなたが普段最もよく利用しているSNSアプリを教えて下さい。

内定者サイトの目的は交流機能ではなく業務効率向上とすべき。
フォローはリアルに会う懇親会・研修を中心に。


イグナイトアイではこうした昨今の状況を踏まえ、提供する「内定者サイト」では交流のための機能は最低限のものにおさえ、内定者管理の諸業務の効率化を徹底的に追求しております。

学生の調査では、ほぼ100%の学生がLINEを利用しているというデータもあり、またその利用頻度も他のサービスと大きな差があるようです(右図)。 しっかりとした内定者フォローを行わないことは、いわば穴の空いたコップに水を注ぐようなもの。これではいつまで経っても採用が終わりません。

内定者フォローをご検討の際は是非、イグナイトアイまでご相談ください。

内定者関連の事務作業削減業務効率化としての活用


PAGE TOP