ホーム 採用管理システムSONAR 導入事例一覧 三菱商事ロジスティクス株式会社


採用管理システムSONAR

採用本来の仕事へシフトする、採用管理システムSONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。 見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

三菱商事ロジスティクス株式会社 新河戸 里奈

「ロジスティクスの
ビジョンを共に達成できる
人材の採用を目指して

三菱商事ロジスティクス株式会社

採用担当 新河戸 里奈 様

三菱商事ロジスティクス

ワールドワイドなネットワークで物流界をリード

 倉庫事業を専門としていた「菱光ロジスティクス」と、国際輸送を専門としていた「エム・シー・トランス インターナショナル」が合併し、2006年に発足した三菱商事ロジスティクス株式会社。商社系物流企業の中でも、最大級の規模を誇る会社のひとつだ。「ロジスティクスのその先へ」というビジョンを掲げ、単にモノを輸送・保管するだけにとどまらず、独自のサービスを追及。総合商社系物流会社という特性を活かして、トータルロジスティクス・ソリューション会社として様々な事業を展開しており、自動車、工業財、アパレル、食品・消費財の4つを中心に、扱う商材は多岐に渡る。グループ全体ではアジア、中国、ヨーロッパ、アメリカなど広い地域をカバーするグローバルネットワークが魅力。社内では、若手社員の意見を取り入れる機会として、新しいビジネスモデルを経営陣に提案・事業化を目指す取り組みも行われている。若手にも責任の大きな仕事を任せる社風からか、採用担当者にも3年目の社員を起用。今回は、その入社3年目総務人事部 人材開発チームの新河戸里奈氏にお話をお伺いした。

三菱商事ロジスティクス 新河戸 里奈
Q1

採用方針・採用手法について教えてください。

ベーシックな採用手法を基本に、
直接話す機会を増やす

 当社の採用フローはいたってベーシックで、最初はエントリーシートの提出、次に人事面談、面接と進み、最後に役員面接という流れです。人事面談は2017年採用から新しく導入したフローで、これからも続けていきたいと考えています。これは、多くの学生と対話をしてお互いの理解を深めたいという狙いからで、書類だけでは伝わりづらい学生一人一人の個性や人柄にもこれまで以上に目を向けるよう心がけています。私たちは、2006年の2社合併の際に「ロジスティクスのその先へ」というビジョンを掲げています。ビジョンの実現には単にモノを運ぶだけでなく、お客様の経営に入り込んで、その会社の課題をも一緒に解決していけるような提案ができる人材が必要であると考え、採用活動においても、何事も自ら考え工夫・改善していける前向きで能動的な人材を求め、活動しています。

三菱商事ロジスティクス
Q2

SONAR導入にはどのような背景がありましたか?

採用活動における時間の捻出を求めて

 SONARを導入したのは2016年採用からです。導入以前は、就職ナビのメッセージ機能を使って面接日程を調整していました。学生一人一人とやりとりを行い、面接日時を決める作業は、非常に時間がかかるものでした。当社の採用活動は、主担当1名〜2名がメインとなって進め、チーム内のメンバーがフォローする、という少人数の体制で行っています。面接日程調整や面接資料の準備など、事務作業に採用担当者の時間の大半が取られてしまっていた当時の状況と、ミスマッチない採用のためにも学生と採用担当者が直接コミュニケーションを取る時間を捻出したい、という思いが背景にあり、システムの導入を考え始めました。

三菱商事ロジスティクス 新河戸 里奈
Q3

SONAR導入の決め手は何でしたか?

リーズナブルで多機能、就職ナビオープン前の
業界イベントの参加者フォローも容易

 物流会社が数十社集まって行われる業界理解イベントが、毎年就職活動のマーケットが開く前の時期に開催されます。業界に興味のある学生が多数参加するため、当社をアピールできる重要なイベントのひとつとして参加しているのですが、就職ナビサイト上の学生管理システムでは、このような早期のイベントで会った学生の動きを上手くフォローできていませんでした。一方で、SONARは通年で情報を管理できるため、当社のニーズにマッチしています。他社のシステムよりも多機能で、当社の採用活動を行うにあたって必要な機能が全て揃っているにも関わらず、費用もリーズナブル。就職ナビサイト以外のシステムを使ったことがない当社が新規導入するにあたって、社内への説明もスムーズに進められました。

三菱商事ロジスティクス
Q4

SONARを導入してどのような効果がありましたか?

採用活動のWeb化を推進。
事務作業の削減で採用フローの見直しも実現

 2016年卒採用から採用活動のスケジュールが変更され、学生の動きが読みづらくなりました。そこで当社は、選考を第1クール・第2クールと複数回に分けて行うことに。このことによって情報管理は複雑化したものの、SONARの画面ではフローがチャート式ですぐにわかるため、滞りなく活動を行うことができています。また、SONAR導入前はエントリーシートを紙で提出してもらっていましたが、マイページ上で提出する「Webエントリーシート」の方法に変更し、適性検査も紙受検からWeb受検に切り替えました。地方学生など会場に来るのが難しい学生の応募ハードルが以前より低くなったことで、出会いの機会が増えたことを実感しています。先ほどお話した、採用フローへの人事面談追加も、SONARの導入で事務作業にかかる時間を削減できたからこそ実現できたことだと思っています。

三菱商事ロジスティクス 新河戸 里奈
Q5

今後、どのような活用の展開をお考えですか?

アドオン機能の更なる活用で効率化を目指すと
ともにより学生の志向性に合わせた少人数セミナーを開催

 SONARを今以上に使いこなし、事務作業にかかる時間を更に削減していきたいです。現在は、採用担当者が面接用の資料を一括で印刷・面接日時順に並べ替えて準備していますが、かなりの労力が必要な上、急な面接順変更等のイレギュラー対応にも時間がかかっています。来年度はSONARのアドオン機能である「提出書類管理・ファイル出力・カスタムPDF」を利用することを検討しており、削減できた事務作業時間を対話や少人数セミナー・座談会などに使って、学生さんともっと密に触れ合っていけたらなと考えています。


PAGE TOP