ホーム 採用管理システムSONAR 導入事例一覧 野村不動産アーバンネット株式会社


採用管理システムSONAR

採用本来の仕事へシフトする、採用管理システムSONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。 見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

野村不動産アーバンネット株式会社 堀 奈々瀬

お客様の喜びが自分の喜び
お客様の幸せに寄り添える
共感度の高い人材を採用

野村不動産アーバンネット株式会社

人事部 堀 奈々瀬 様

野村不動産アーバンネット株式会社

お客様の人生に寄り添いながら、
誠実な不動産流通マーケットを創る

 野村不動産アーバンネット株式会社は、野村不動産株式会社の流通部門が2000年に分社・独立して設立。若い会社でありながら、実質の業務歴は50年以上。若さと伝統を併せ持った不動産流通会社である。「サービス・コンサルティングを通じて、お客様に信頼され、長く喜んでいただく」という企業理念のもと、不動産に関するニーズに対応している。主な事業内容としては居住用不動産及び投資用・事業用不動産の流通事業を中心に、新築受託販売事業、保険代理店事業などを行っている。分社独立当初からIT戦略に力を入れており、不動産情報サイト「ノムコム」は会員数21万人、月間PV数200万以上と業界ナンバーワンを誇っている。2013年からサービスブランド「野村の仲介+(PLUS)」を立ち上げ、ブランディング活動を強化。信頼・誠実をモットーに社内の研修制度も一新。結果、2016年6月のオリコン日本顧客満足度調査では、不動産仲介の「マンション購入部門」「戸建て売却部門」で総合1位を獲得した。そんな大手不動産流通会社が求める人材とは? そして、採用管理システムに「SONAR」を選んだ理由とは?人事部人事課の堀 奈々瀬氏にお伺いした。

野村不動産アーバンネット株式会社 堀 奈々瀬
Q1

採用方針・採用手法について教えてください。

お客様から信頼され
不動産という大きな財産を任せられる人材を

 当社は主に営業職を採用しています。採用の際に大事にしているのは、「自分が不動産という大きな財産を売り買いすることになった場合、この人に任せることができるか?」という視点。ビジネスの特性上、相手の気持ちを考えず「とにかく契約できればよい」というような営業ではなかなか結果には結び付きません。人生を左右する大きな売買をするお客様の気持ちに寄り添い、信頼を得られるパートナーとなることができる人材が求められます。お客様に喜んでもらうことが、自分自身の喜びや働く原動力になるような方を求めており、「人物重視」の採用活動を行っています。
 採用ステップは、就職ナビや当社採用ウェブサイトからエントリーをいただいた後、会社説明会への参加、WEBテストや複数回の面接を経て内々定という流れです。

野村不動産アーバンネット株式会社
Q2

SONAR導入にはどのような背景がありましたか?

採用人数の増加に伴い、
採用担当者の「事務作業削減」が課題に

 もともと当社では他の採用管理システムを利用していましたが、採用人数が年々増加傾向にあり、それに伴って採用担当者の「事務作業」も増えてきていました。限られた採用担当者で、応募者と向き合って「人物重視」の採用活動続けていく上で、「事務作業」の削減が大きな課題になっていたのです。
 また採用ウェブサイトでのオープンなコンテンツ公開の他に、かねてからエントリー者限定の「マイページコンテンツ」に力を入れており、これをさらに発展させて採用ステップ毎に最適なコンテンツを提供し、丁寧に動機形成を促したいという希望もありました。
 内々定後も、当社業務に必要となる宅建(宅地建物取引士)の資格試験のための講習会などを開催していますが、出欠や手続きの進捗を管理したいというニーズもあり、これらの課題やニーズを解決できる点にメリットを感じて採用管理システムSONARの導入を検討しました。

野村不動産アーバンネット株式会社 堀 奈々瀬
Q3

SONAR導入の決め手は何でしたか?

採用事務作業の効率化とマイページ内の
コンテンツやメルマガを活用した動機形成を強化

 多くの採用管理システムがある中でSONARを選んだ決め手は「自動化」です。SONARの導入により、各選考ステップの歩留まりを改善するための促進やリマインドを抜け漏れなく実施することができるようになりました。これらの業務の多くは以前のシステムでは手動で操作する必要がありましたが、SONARによる自動化で事務作業を大幅に減らすことができ、応募者へ向き合う時間を確保できるようになりました。
 また、各選考ステップでの滞留を減らすためには動機形成の強化が重要であると考え、SONARを使って応募者に対して適切なタイミングで適切な情報を提供することも実施。採用ウェブサイトやマイページコンテンツと連動して企業研究ができるように設計し、応募者に当社で働いてみたくなるようなきっかけ作りができる仕組みを作ることができました。
 具体的にはSONARのアドオン機能「カスタムフォローアクション」「マイページCMS」を使い、選考ステップ別に最適な情報をマイページで開示したり、タイミングに応じて最適なメルマガを配信したりしています。

野村不動産アーバンネット株式会社
Q4

SONARを導入してどのような効果がありましたか?

採用活動を分析して、
次年度の採用活動テーマを設定

 まず「自動化」により、採用担当者の事務作業時間が減ったことで、より多くの応募者と会うことができるようになった点が大きいです。応募者側についても、当社情報を段階を踏んで紹介することで、興味・惹きつけを継続できるようになりました。
 また、SONARを導入してからは、採用が終わった際の分析が非常にしやすくなりました。今年で4年目の利用になりますが、毎回採用活動が終わると人事部内で分析を行い、次年度の採用活動に活かしています。応募経路別や時期別、ターゲット別に選考への動員率を分析し、次年度の採用活動スケジュールや強化すべきポイントの洗い出しを行い、次年度の採用活動テーマを設定しています。

野村不動産アーバンネット株式会社 堀 奈々瀬
Q5

今後、どのような活用の展開をお考えですか?

SONARの機能を活用して、
さらに細やかなアプローチを

 現在は時期や選考ステップで、マイページコンテンツへの誘導やメルマガ配信を行っていますが、今後はそれらを含めた応募者へのアプローチをより細分化していきたい、応募者の興味関心や当社の評価に合わせたアプローチができればと考えています。
 毎年採用環境も厳しくなり、選考中や内定後のフォローも強化する必要があると感じています。そのためにも、SONARの機能をより使って、状況をもっと細かく分析し、適切なアプローチができるようにしていきたいですね。


PAGE TOP