ホーム 採用管理システムSONAR 導入事例一覧 トレンダーズ株式会社


採用管理システムSONAR

採用本来の仕事へシフトする、採用管理システムSONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。 見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

トレンダーズ株式会社 松本 慶大

自分達で築き上げたい―
エッジの効いた人材に
焦点を当てた採用方針

トレンダーズ株式会社
採用担当 松本 慶大 様

トレンダーズ株式会社

企業のマーケティングやPRを、さまざまな角度で支援

 2000年に女性をターゲットにしたマーケティング事業からスタートしたトレンダーズ。PR、マーケティング業務のほか、自社メディアの開発・運営事業に領域を広げ、現在は複数のメディアを運営するまでに成長している。企業サイドも気づかなかったような商品の魅力を第三者的な視点を入れながらPRすることで、ファンの増加を図る。自社メディアはもちろん、各種メディアへの発信、イベントなどさまざまな手法を使ってエンドユーザーまで届ける企画力が評判を呼び、成長を続けている。自社としての発信はもちろん、各種SNSユーザーやブロガー、モデルなど、トレンダーズが運営するネットワークの会員数は17万人以上。彼女たちのリアルな発信力も使いながら、商品やイベントなどをプロモーションしていく。そんなトレンダーズを動かすのは、新しいことをしたいという意識。自分たちと運命を共にするような、ベンチャースピリットを持った人材を採用していく中で、採用管理システム「SONAR」に出会い選んだのだという。コーポレートDiv・リクルーティンググループ・採用担当の松本慶大氏に、その理由を聞かせていただいた。

トレンダーズ株式会社 松本 慶大
Q1

採用方針・採用手法について教えてください。

新しいものを生み出したいという想いが、
会社を成長させる

 私たちは2007年から新卒採用を始めました。当時30人ほどの規模だったため、新卒を採用することは大変なチャレンジではありましたが、「経験やスキル」以上に「新しいものを作りたい」という想いが会社を成長させるのだと考え、採用を進めました。結果、新卒メンバーの活躍で会社が伸びてきたこともあり、現在でも新卒採用をとても大切にしています。また、トレンダーズは社員の個性が活かせる会社であることも特徴です。運営している自社メディアも、すべて社員の発案で作られました。現在メインになっているメディアのひとつ「SOCIAL TREND NEWS」は、執筆・出版経験や起業経験もある社員が発案。“いつもの「いただきます」を楽しく。”をコンセプトとしているメディア「おうちごはん」は、常に女性のライフスタイルの変化や流れを敏感にキャッチし、現在大人気のインスタグラムにいち早く目を付けた女性社員のアイディアが元となり運営をしています。このように、トレンダーズでは一つでも飛び抜けている個性があれば、それを大切にしたいと考えており、採用活動でも一人ひとりと向き合って応募者の実現したいことと当社が目指していることをすり合わせながら進めています。

トレンダーズ株式会社
Q2

SONAR導入にはどのような背景がありましたか?

個性重視の採用候補者たちを
Excelで管理する限界

 2014年度採用までは、一般的な就職ナビを使っていたのですが、応募いただく方に安定思考の方が多く、当社が求める人物像とのミスマッチがありました。そこで、ベンチャー思考が高く、チャレンジすることに臆さない人材が集まるイベントや、ソーシャルメディア活用、インターンシップやアルバイト経由、社員からの紹介など、ターゲットに近い方々に焦点を当てて採用していく方針に変えました。
それまでは就職ナビの管理画面で応募者管理をしていましたが、就職ナビの利用をやめたためExcelでの管理に変更。Excelではシートを「新卒」「中途」「アルバイト」「インターン」などに分けていたのですが、どうしても複雑になりますし、一斉メールなども送れません。加えて、例えば「アルバイトを経験してから、働くか考える」という方がいらっしゃると、どのシートに入力したらよいのかわからなくなるなど、管理が煩雑になってきました。Excelでの管理に限界を感じ、システムを探し始めたときに知った採用管理システムがSONARでした。

トレンダーズ株式会社 松本 慶大
Q3

SONAR導入の決め手は何でしたか?

変更の多い採用フローにもフレキシブルに対応

 SONARを選んだ大きな決め手は、採用フローなどが変わったときに、フレキシブルに対応できる点です。他社のシステムだと、当社の変化のスピードにシステム自体が追いつかないのです。
また、当社は採用候補者が新卒・中途・アルバイトと入り混じるのですが、他社システムの提案では、新卒ならこのシステム、中途ならこのシステム、というように使い分ける必要がありました。SONARでは、新卒・中途・アルバイトを一つのシステムで一元管理できることも大きなポイントでした。
さらに、当社では通年採用を行っており、新卒でも4月入社にこだわらないなど、年度の途中で入社するというイレギュラーにもSONARでは対応できます。このように、ベンチャー企業ならではのスピード感にマッチしている採用管理システムがSONARだったのです。システム導入時の初期費用の安さも魅力でした。

トレンダーズ株式会社
Q4

SONARを導入してどのような効果がありましたか?

応募者への連絡を自動化。
適性検査Compassとの相乗効果で面接もスムーズに

 応募者への各種連絡メール送信や説明会・面接の予約受付を自動化できたのは感動的でした。導入前までは予約受付は電話などで行っていたため、採用のピークシーズンは派遣社員を受け入れたり、アウトソースしたりして業務を行っていましたが、導入後は週2回程度のアルバイトの方だけで業務が行え、採用業務の工数は半分くらいに減っています。その分、応募者一人ひとりと向き合う時間が確保できるようになりました。
中途採用における人材紹介会社からの推薦受付や選考中のコミュニケーションをSONAR上で完結できるようになったのも大きいです。人件費とSONARの費用を考えるとかなりコストパフォーマンスは高いと感じています。
また、「個性」を重視する採用の補助ツールとして『適性検査Compass』も導入しました。面接時に大いに活用していますが、この適性検査CompassとSONARが完全に連動しているため、受検案内の自動メール送付から結果レポートの確認までSONARで実施できるのがとても便利で助かっています。

トレンダーズ株式会社 松本 慶大
Q5

今後、どのような活用の展開をお考えですか?

採用の効果分析などにも
SONARを活用していきたい

 SONARを導入した初年度だったので、まずはメール一斉配信、合否連絡、面接予約などの基本機能を主に使っていたのですが、今後はそれよりワンランク上の使い方をしていきたいですね。当社では様々なテーマで採用と直結しないイベントを定期的に開催していますが、その開催案内や受付にも使い始めています。SONAR導入で捻出できた時間をイベントの企画や開催に使い、当社を知ってもらう機会や個性豊かな将来の採用候補者の方々との接点を作り、採用力を高めていきたいと考えています。
また、応募者のデータをストックしておけるので、その人の応募経路や合否の理由などをデータベース化できます。前年度、前々年度と比較することで、効果分析もしていきたいと考えています。今後、機能をもっと活用してよい人材を発掘しながら、企業としても成長していければと思っています。


PAGE TOP