ホーム 採用管理システムSONAR 導入事例一覧 株式会社メンバーズ


採用管理システムSONAR

採用本来の仕事へシフトする、採用管理システムSONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。 見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

株式会社メンバーズ 内橋 洋美

ベンチャー企業
ならではのユニークな
採用形態をSONARで
柔軟に対応

株式会社メンバーズ
人材開発室 内橋 洋美 様

株式会社メンバーズ

「超会社」をテーマに、大手消費者向けサービスの
Webマーケティングを支援

 メンバーズは、2015年で創立20周年。大手の消費者向けサービスを提供している企業を中心に数多くのクライアントを持つWebマーケティング会社である。マーケティング戦略の立案からウェブサイトの制作、アプリの制作、ソーシャルメディアの活用といったあらゆる側面からサポートし、着実に成果と信頼を勝ち取っている。
現在の社員数(2015年7月)は、4月入社の新卒60名を含め、約440名。2年ほど前から新卒採用に力を入れており、2016年は90名の採用を目指すという。“超会社”という指針を掲げながら、「社会への貢献」「社員の幸せ」「会社の発展」を同時に追求している注目の企業だ。
大規模な採用に踏み出したメンバーズだが、そのシステムに「SONAR」を選んだ理由や効果を、採用担当の内橋洋美氏にお伺いした。

株式会社メンバーズ 内橋 洋美

Q1

採用方針・採用手法について教えてください。

次々と技術が進化していくWeb業界で
柔軟に対応していける若い才能を育成

 我々は、スピーディーに動けるというベンチャー企業ならではの利点をいかして、採用においても常に新しい方法を考えて実践していきたいと考えています。“ベンチャー”というのは単に会社の規模ではなく、“ベンチャースピリット”を持っているかどうかにかかっています。与えられたことだけをやるのではなく、新しいことに挑戦し続けて社会に新しい価値を提供し続けたいと考えています。ですから、採用もエントリーしてくれるのを「待つ」のではなく、「攻め」の姿勢で取り組んでいます。
Web業界は人材不足で採用したい企業も数多くとりあいの状態です。ディレクター、デザイナー、エンジニア、どの職種も人手が足りない状況の中、Webやスマホの業界はどんどん新しい技術が求められます。そこで、若い人ならではの吸収力、柔軟な対応力を求めて新卒の大規模採用に乗り出しました。

株式会社メンバーズ

Q2

SONAR導入にはどのような背景がありましたか?

ファイルを開くだけで3分…
Excelで管理する限界点

 メンバーズは企業と消費者の間に信頼関係を結ぶことによって、その企業を好きな人を増やしていけるようなマーケティングを実現したいと考えています。「“MEMBERSHIP“でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る」というミッションを掲げていて、そのミッションに共感していただける方を求めているからこそ、採用担当者自ら学校に足を運び、自分たちの魅力を積極的に伝えていくという方針で動いています。そうやって、これまで積極的に学生さんに声をかけてきましたが、エントリー数が増えたことによって大きな問題が生まれました。エントリー数が少ないうちはExcelで対応できていたのですが、増えるにつれて管理が困難になってきたのです。1000件ほどのデータを数式も組み込みながら使っていると、開くだけで3分ほどかかってしまうという状況に……。
いくつかのエージェントにも協力いただいていたのですが、新しい情報の更新も追いつかないという深刻な事態に陥りました。

株式会社メンバーズ 内橋 洋美

Q3

SONAR導入の決め手は何でしたか?

自分たちが求めるスピード感を
実現できる採用管理システム

 そこで「何かシステムを導入しなくては」という危機意識が芽生えたのですが、いくつかのシステムを検討してみたところ、どれも大企業の採用をベースにしているという印象がぬぐえませんでした。自分たちの採用方針や新しいアイデアに合わせて採用フローを変化させていくことが多いのですが、そのフローをシステムに組み込むために1~2ヶ月かかると言われてしまうなど、スピード感が合わないのです。
それに柔軟かつスピーディーに対応できると感じたのがSONARでした。私たちは2016年新卒採用においては、多様な人材と出会う場を作りたいと考え、8つの選考ルートを用意し、応募する学生に選択できるようにしていますが、それもSONARがあったからこそ実現できたことだと思っています。
(参考URL:http://recruit.members.co.jp/

株式会社メンバーズ

Q4

SONARを導入してどのような効果がありましたか?

社内外の採用関係者との情報共有が円滑に
新しい施策を実行する時間を捻出

 一番大きいと感じていることは、面接日程を調整する時間が圧倒的に削減できたことです。SONAR導入前までは、面接日程調整を全て学生やエージェントと一人ずつメールでやり取りをしていました。今は、マイページから学生自身に予約してもらう方法に切り替えて、面接日程調整の手間が相当減りました。一部のエージェントにはSONARの権限を開示して直接情報を見てもらっており、選考の結果や当社面接官の評価などの情報共有も円滑に行えています。
また、選考に関わる課題やエントリーシート等を学生にマイページからデータで提出してもらったり、面接官にも担当する学生の情報をSONAR上で閲覧し、面接評価を入力したりできるアドオン機能(※提出書類管理/面接評価入力)を活用して情報共有と業務効率を実現しています。最終面接を担当する社長にもSONARを使ってもらっています。
SONARの導入で様々な情報や作業をシステム化できた事によって、採用メンバーが浮いた時間を新たな施策を企画することやこれまで訪問できていなかった学校や地方に足を運ぶ事など、新たなチャレンジに時間を使うことができるようになりました。
これまで、メンバーズがどういう人材を求めているか求人情報を見ただけでは分りませんでした。しかし、SONARを使い「8つの選考ルート」を学生に提示することで、おおよその情報を伝えることができます。同時に、様々な個性を持った人たちに声をかけられると考えました。例えば、今の日本は経団連が定めた「4月1日入社」を基本として就職活動を行っていますが、メンバーズとしてはそこにこだわる必要はありません。その人が海外へ短期留学に行き、帰ってきた6月に就職するといった希望も受け入れられるのです。
また、「面接は苦手」というタイプの人には、「面接」以外の採用方法も取れます。同様に、「共創マーケティングに興味がない」「デザイナー志望ではない」などの情報を面接に入る前に把握できれば、いざ面接する段階になってもムダな質問をすることなく、その人が話したい内容をはじめから聞くことができます。

株式会社メンバーズ 内橋 洋美

Q5

今後、どのような活用の展開をお考えですか?

私たちが一方的に選ぶのではなく
お互いが知り合う場を創っていきたい

 メンバーズがクライアント企業と共に、企業が消費者に一方的にPRすることではなく、企業と消費者をダイレクトに結びつけるオウンドメディアマーケティングを注力しているのと同様に、メンバーズの採用活動も一方的に私たちが学生を選ぶのではなく、メンバーズと学生が共に双方の可能性を理解し合えるような、そんな場を創っていきたいと考えています。
2016年採用においては、「8つの選考ルート」を設けることによって、学生に対してはメンバーズがどんな人材を求めているのかをある程度提示できたと思っています。メンバーズとしても応募した学生がどの選考ルートを選択したかによって、学生の趣向が事前にわかる分、面接時の会話の内容がより深くなり、これまでの選考方法ではキャッチできていない学生もいる事が実感できており、実施してよかったと思っています。
今後もメンバーズでは、新しい考えや観点を用いた採用手法を企画し、多様なフローやオペレーションを実行していきたいと考えています。SONARは、こちらのアイデアに対して、すぐに対応できる柔軟なシステム。私たちにとっては、そのフレキシブルさが一番の魅力で、今やメンバーズの採用にとって必要不可欠な存在になっています。


PAGE TOP