ホーム 採用管理システムSONAR 導入事例一覧 三井化学株式会社


採用管理システムSONAR

採用本来の仕事へシフトする、採用管理システムSONAR。

各就職ナビのエントリーデータも楽々一元管理。 見える化と自動化で採用担当者様の時間を捻出します。

三井化学

ペーパーレス化で、
採用にかかる時間も
コストも大幅に削減

三井化学株式会社
人事部 上崎 大輔 様

三井化学株式会社

売上高1兆5500億、社員数1万4000人。日本を代表する化学メーカー

 三井化学は、1997年、三井グループの三井東圧化学と三井石油化学工業が合併してできた会社。その歴史は1912年、三井鉱山の石炭化学事業を発端に100年以上続く日本を代表する総合化学メーカーである。海外にも事業展開しており、社員数はおよそ1万4000人。(国内約1万人・海外約4000人)
現在の売上高は、グローバルで1兆5500億円ほど。自動車材料をはじめとする「モビリティ」、メガネレンズや紙おむつなどのヘルスケアに関する材料を提供する「ヘルスケア」、食品などの包装材料を作る「フード&パッケージ」、ウレタン・基礎化学品などの産業となる素材を製造する「基盤素材」という4つの事業から、日本だけでなく世界中の化学素材事業の発展に寄与している。
今回は、新卒の採用管理システムに「SONAR」を導入したきっかけやそのメリットについて、人事部の上崎大輔氏にお話をお伺いした。

三井化学株式会社
Q1

採用方針・採用手法について教えてください。

お客様の意見をくみ取ることができる
自ら考え、自ら行動できる変革型人材を採用

 採用は社内で事務系、研究系、生産技術系の3つに分けて行っています。それぞれの採用人数は15~20人ほど。採用の基準はその年度や、当社が求める人材によって大きく変わっていきますが、端的にいうと自ら考えて、行動に移す力、コミュニケーション能力・人間力の高い人材を必要としています。例えば“研究”というと、研究所の中で自分の頭で考えたものを作り出すようなイメージが強いと思いますが、今はただ自分の研究だけに没頭するのではなく、お客様の声をきちんと聞ける人物を求めています。お客様が求めていることをヒアリングすることで、結果的に研究がうまくいく場合が多いためです。また、エンジニアについても、製造現場にはひとつのプロジェクトにつき50人~100人という非常に多くの人が関わるため、人と関わりながら全体をまとめていける人物が理想的です。

三井化学株式会社
Q2

SONAR導入にはどのような背景がありましたか?

戦略的な採用プロセスを構築できる
システムを求めて

 新卒の採用にあたっては、毎年何千人ものエントリーがあります。とはいえ、数多くの学生を短時間で処理するということはなく、来てくれた一人ひとりと向き合いながら、会社とのマッチングを見極めて採用しています。ですから人事担当者は、お会いする学生の様々な情報を管理する必要があります。
私は一昨年に採用担当者になりましたが、その当時は違うシステムを使っていました。そのシステムは「学生の情報を管理する」ことに重きをおいて作られているせいか、学生一人ひとりの情報を見るには向いているのですが、採用全体のプロセスを見られないのが課題でした。
また、履歴書や研究概要等は紙で提出をしてもらっており、その処理や管理に膨大な時間を費やしており、それを解消するために、SONAR導入に至りました。

三井化学株式会社
Q3

SONAR導入の決め手は何でしたか?

学生一人ひとりの状況はもちろん
採用全体の進行状況が把握できる

 採用を進めていくにあたっては、大学名や研究内容などの学生の個人情報だけではなく、「エントリーシートを通過した学生」「一次面接を予約した学生」など、採用全体のプロセスにおける進行状況も理解しなければなりません。SONARはその全体感が直感的に分かるよう設計されていることでどこに対してアプローチすべきかを明確にできるのが嬉しいです。
また、自社の採用フローに合わせた柔軟な設計ができるところもSONAR導入の決め手になりました。SONARは昨年使い始めたのですが、正直に言うと企業の人事担当はITのスキルが高くはないので、“使いこなす”までには至りませんでした。今年は昨年の反省点をふまえて設計しているので、かなり効率的に使えていると実感しています。
今年からSONARのジョブボード機能を使って募集している複数の求人情報を載せられるようになりました。工場の中間採用について、新卒採用と切り分けて管理できるようになったので、そちらも助かっています。

三井化学株式会社
Q4

SONARを導入してどのような効果がありましたか?

SONARの利点を生かして
事務作業に取られる時間を100時間以上削減

 SONARを使ったことで何よりもよかったのが、“時間の削減”です。
一番大きいのが、ペーパレス化によって、事務作業にとられる時間を100時間以上削減できたことです。これまでは紙で提出してもらっていた履歴書や研究概要を学生にマイページからデータで提出する方法に変更しました。SONAR導入前は学生が提出した紙の書類を全て手作業でPDFにして社内で共有するという手間がかかっていました。今では、学生がアップロードしてくれたデータをボタン一つで印刷できます。メーカーの面接官は面接資料を紙で欲しがるので、これは大きな革新です。
また、応募者から見ても、マイページ等の使用方法がわかりやすくなったのか、問い合わせが圧倒的に減りました。一人ひとりの問い合わせにかかる時間はわずかでも、数が多いと積み重なってかなりの時間になります。

三井化学株式会社
Q5

今後、どのような活用の展開をお考えですか?

更なる業務効率の浸透へ
科学的アプローチで採用力向上を目指す

 現在、当社ではSONARを本社人事、工場等の各事業所の人事と多くの担当が学生の情報、採用情報を管理しています。今後は更に使い方をフォーマット化していって、業務効率を上げていきたいと考えています。
また、今年から適性検査Compassも導入しました。いままで利用していた適性検査は専門性が高く、ごく一部しか使えていませんでしたが、Compassは採用向けに作られており、面接官も学生の行動特性等の定量的なデータを見た上で質問をしていけます。実際に面接の場面でどのような効果があったのか、ヒアリングをしていきたいですし、当社の採用する人物の傾向を分析し、今後の採用基準を議論する情報としても活用していきたいと考えています。
SONARは使い勝手が非常によく、様々な機能も備わっているので、今後はこのシステムをどのように使うかは、こちらの裁量にかかっていると思います。


PAGE TOP