Member Interview

最適な採用プロジェクトを
つくり上げていく醍醐味を。

セールス部門 フィールドセールス

山岸 史往

営業というより、
採用コンサルタントに近い。

イグナイトアイの創業メンバーは、前々職の上司・同僚です。一緒に仕事をしないかと声をかけてもらった時、SONARのデモ画面を見せてもらいました。すると、過去に利用経験がある採用管理システムより、はるかに便利で使いやすい。これは売れる! という直感を胸に、当時勤めていた不動産会社を辞めて、イグナイトアイに転職しました。

今は新規開拓と合わせてSONARを既に導入中の企業様に対する、深耕営業を担当しています。運用でわからない部分をフォローしながら、活用の幅を拡げていただくことがミッションです。お客様が困っていることを伺って、SONARと連携している外部サービスをご提案することもあります。

営業といえば、「売る」一辺倒のイメージかもしれません。でも、イグナイトアイの営業は、お客様に寄り添うことが大事。お客様の「何をしていいかわからない」や「なんとなくこうしている」といった事実を汲み取って、最適な採用プロジェクトをつくり上げていく――コンサルタントに近い役割を果たしていると思います。

“かゆいところに手が届く”アプローチを。

SONARは非常に機能が多く、つまり “なんでもできる”システムです。お客様が困っていることを、やり方次第でほぼ解決可能です。だからこそ、効いてくるのは緻密なフォロー。「あれができる」「これができる」といった単なる機能説明ではなく、SONARを使うと「こう楽になる」「この負担が減る」というように、お客様目線に立ったプレゼンをします。

操作方法を伝えるときも、最初に使っていただく機能を絞り込んで、少しずつ慣れていってもらうのがポイント。“なんでもできる”からといって、あれもこれも伝えてしまうのは逆効果です。手軽に使えて便利だと感じてもらわなければ、本当の意味でお客様のお役に立つことはできません。

操作説明をカスタマイズするほか、顧客接点を増やすことも大切にしています。たとえば、なかなか導入が決まらないお客様には、当社で主催しているSONARユーザー会に特別に招待し、利用中のお客様から活用の具体例やを導入効果を聞いてもらいました。商談以外のアプローチを取り入れたことで、取引が加速。そのお客様は、いまでは新卒・中途採用ともにSONARを活用してもらっています。

会社の成長に向かって、
まっすぐに進める。

イグナイトアイの魅力は、自分のやりたい仕事や、期待される職務にしっかり力を注げることだと思っています。小さな企業はどうしても、オールラウンダーが求められがち。だけど、当社はセールスだけでもインサイドセールスとフィールドセールスに分かれていたり、カスタマーサクセスが組織化していたりと、組織の役割分担が進んできています。だからこそ、自分がやりたいスタンスの営業に集中できるんです。

SONARを一番売れるのは、やはりSONARを一番よく知っている人。自分が売るサービスの良さを、どれだけよくわかっているかが何よりも大切なんです。そのうえで、目の前のお客様にとってSONARがどう有意義なのかを考えて、一社一社に適したアプローチでメリットを伝えていく。やるべきこととポジションが明確だから、ゴールに向かってまっすぐ進めます。

この半年間だけを見ても、会社はぐっと大きくなりました。きっとさらに半年後、1年後には、会社の規模やできることがまた変わっているはず。自分の得意な仕事で勝負しながら、会社が瞬く間に成長していく様子を肌で感じられる。とても刺激的な環境です。

Member Interview

創造的な生き方を一緒に追求しよう。
ビジネスの成長期をともに体感しよう。