Member Interview

自分の仕事で、
世の中をイグナイトしよう!

セールス部門 フィールドセールス

佐藤 康喜

心から誇れるサービスを提供する、
よろこび。

前職は、ITインフラを取り扱う営業でした。営業という仕事自体は好きでしたが、価格競争が激しいことに加え、自社製品に強く自信を持てずジレンマを感じることがあったのも事実です。でも、新規開拓営業は非常に楽しかった。知人が立ち上げたばかりのイグナイトアイで営業を探していると聞き、興味を持ったのは必然でした。1,000人の社員のうちの1人でいるより、10人のうちの1人として働く方がずっと面白いとも感じたのです。

採用管理システムというサービスは、現状さほど認知度が高くありません。例えば給与管理システムであれば有名システムがいくつもあり、誰もが機能を予想できるけれど、SONARは違う。お客様に「こんなことができるんですよ」と伝えるだけで「すごいね!」というリアクションが返ってきます。便利なことが直感的に伝わるから、プレゼンもしやすいです。だけど、決まったセリフを決まった通りに話すのでは、営業の意味がありません。お客様の課題をヒアリングして、困っているところにジャストミートするように伝えていく。そのような過程を経て、SONARの導入が決まった時、営業の醍醐味を感じます。

綿密な下準備をして、
飛躍的な成果を。

イグナイトアイの営業社員第一号として採用され、最初は壁しかありませんでした。そもそも人材採用というジャンルに関わること自体初めて。当時は研修が用意されている訳でもなく、地図を持たずに海を泳ぐような毎日でした。

だから、まずは自信を持つためにとにかくSONARを使い込みました。人事としてログインしたり、応募者として閲覧したり……さまざまな環境下で、誰よりもいろんな操作を試しました。システムを理解してからは、お客様に説明する台本を作成。話す内容をすべて書き出すことで、理解が足りない部分も見えてきます。「ここの機能説明が曖昧だから、もう少し操作してみよう」など知識を補強するきっかけになりました。地道な努力を重ねた結果、気がつけば、どんどん売上が伸びるようになったんです。

SONARは本当にいいサービスなので、自信を持って売れるし、お客様にも喜んでいただけます。そうそうお目にかかれないような日本を代表する企業の幹部の方を前に、プレゼンすることだってある。この経験は、ビジネスパーソンとしてレベルアップにつながっています。

イグナイトアイは、
今が一番“おいしい”時期。

SONARの導入実績は、500社まで伸びました。そして、その10%くらいは私が獲得した案件です。自分の努力が企業成長に、ダイレクトに影響している。とてもやりがいのある環境です。

入社当時のオフィスは、マンションの狭い一室。そこで一生懸命に働いた日々を経て新しいオフィスに引っ越し、広々とした新しい執務エリアに入った時、自分の仕事がまたひとつ報われたような達成感がありましたね。

昔すごくお世話になった先輩から、こんなことを言われました。「『ご恩と奉公』という言葉があるけれど、本当は『奉公、奉公、奉公、ご恩』だよ」――まずは自分が一生懸命働いたあとに、報いる結果が出るものなんだ、ということ。だから、今はとにかく目標を達成すること、自分の仕事をやりきることに集中しているタイミングです。イグナイトアイは、今が一番“おいしい”時期。自分のアクションが爆発するような感覚を、日々得られます。ぜひ、一緒にイグナイトしましょう!

Member Interview

創造的な生き方を一緒に追求しよう。
ビジネスの成長期をともに体感しよう。