Member Interview

SONARの存在を知った時の
衝撃を世の中にもっと広めたい。

セールス部門 インサイドセールス

小田島 梓央

営業の適性を活かして、
インサイドセールスに。

前職でも採用支援サービスの営業をしていました。そのため人事の方々の悩みを把握していた状態でSONARの存在を知り、驚きました。人事の悩みを解決する画期的なシステムだと感じたのです。このサービスだったら、煩雑な業務に振り回されている人事の皆様がコア業務に集中できるようになる。そう感じて転職を決めました。ベンチャーなのに落ち着いた雰囲気で、人間関係がフラットなのも魅力的でしたね。

最初の半年間は新規開拓営業を担当し、その後会社をより成長させるためのセールス部門の体制変革をする方針になり、取締役の森田と2人でインサイドセールス部門の立ち上げをすることに。

インサイドセールスは単なるテレアポとよく間違われますが、仕事内容は全く異なります。テレアポはあくまで「電話をして日程調整をする」までが仕事ですが、インサイドセールスはお客様が「なにに悩んでいるのか」「どんな解決をしたいか」をヒアリングし、電話越しで商談をするポジション。SONARを使って課題解決や目的達成ができそうであれば商談を設定し、ヒアリングした内容や、どんな提案をすれば受注できそうかといったストーリーを考えて、フィールドセールスに共有します。

また、お客様からのお問い合わせが多いのもイグナイトアイの特徴。1日何百件も電話をかけ、やっと1件の商談が獲得できるといったことはありません。アポイントがスムーズにとれることに加え、商談ストーリーが考えやすいのはSONARが採用管理システムとして優れている証です。

ベンチャーならではの
変化を楽しめる。

会社は上り調子。そんな環境下で裁量権をもち業務を遂行できるのは、非常に楽しいです。業務で使うツールが不便なら、自分で探した新しいツールを提案する。社内のルールがいまいちであれば、よりよい運用方法を役員に提案する。そうやって社内の仕組みがどんどん進化しています。このスピード感はベンチャーならではですね。

また、今注力をしているのは育成です。新しく入社をされる方々がスムーズに一人前になるための体制づくりを強化しています。例えば個人ごとの得意・不得意項目をカテゴリ別に分け、分析したうえで改善施策を出し、試運用します。成功すれば体系化し、失敗すれば原因分析をしてまた改善策を出す、これらのPDCAをひたすら繰り返していきます。まだまだ初期段階なので失敗もありますが、今後誰かが同じ壁にぶつかったときに如何に早く乗り越え、成長スピードを加速させられるか、強いチームをつくることが今のミッションだと思っています。

私たちがリーダーになって、
業界を変えたい。

採用管理システムというマーケットで、SONARは急速にシェアを伸ばしてきました。目指しているのはもちろん業界のリーダー。リーダーが変わるときって、業界が変わるとき。その場面に立ち会うことで、何が得られるかはわかりませんが、その過程で磨いてきた「戦略立案」「実践」「仕組化」はどんなビジネスシーンでも役立つはずです。

私たちが業界のリーダーになるためには、メンバーの能力向上が不可欠。私自身もまだまだだけれど…メンバーが成長するのはうれしいし、仲間と働く醍醐味だと感じています。

Member Interview

創造的な生き方を一緒に追求しよう。
ビジネスの成長期をともに体感しよう。