Member Interview

爆発的な広がりを、さらに。
その仕組みを、一緒につくろう。

取締役 セールス、マーケティング管掌

森田 徹

企業規模に関係なく、
いいサービスを提供したい。

ビジネスや経済には、昔から関心を持っていました。就職活動で数多くの会社を見て感じたのは、どんな事業も人が大事だということ。それだけ肝となる部分なのに、採用活動を自社ですべてまかなっている会社はほとんどなく、外部の力を使っているのが面白いと思ったんです。それから採用ビジネスに興味がわき、新卒では採用コンサルティング会社に勤めました。

そこでの仕事もやりがいはありましたが、ビジネスモデルが大手企業向けだったため、幅広い規模の企業に価値提供していくことが難しかった。目の前のお客様が満足してくださるのは感じていたものの、本当に困っている企業を助けられないのがジレンマでした。いい人を採用したいのは、中小もベンチャーも同じですよね。そこをケアできるのが、テクノロジーを活かしたサービスだと思ったんです。お客様自身がフットワークよく使えるプロダクトを、効率的に提供できるような仕組みをつくる。その絵を実現するためには、起業が一番早いと感じ、イグナイトアイを創業しました。

役割を細分化して、
チームの生産性を高める。

私が担うミッションは「会社の数字を作っていくこと」です。会社として到達したいゴールから、逆算して売上の数字を立てる。そして、その数字を達成するための受注率や顧客単価を考え、どんな戦略で進めていくかを検討し、マネジメントしていきます。

主力商品SONARは、問い合わせから案件化していくインバウンド・マーケティングが基本。お客様から興味を持っていただけるように、さまざまなチャネルで接点を作っています。たとえば、Webサイトのリニューアルもそう。SONARや採用管理システムがマーケットでどのように見えているのか、どうしたらユーザーが探しやすいかを分析して、最適なページを制作しました。

もうひとつ、最近特に力注力しているのは、社内の“仕組化”です。HR業界の営業活動は、見込み客を獲得して営業し、契約して納品するまでを、一人の担当者が行うことが多い。でもイグナイトアイでは、マーケティングやセールス、カスタマーサクセスなどの役割を細分化しています。SaaS(※)のプロダクトを提供する企業では当たり前の体制になってきていますが、HR業界ではまだそれほど多くありません。メリットは、組織の力で勝負できること。それぞれが自分の目の前のミッションに集中できるため、仕事の最適化が進んでいきます。

Software as a Serviceの略。クラウド経由で必要な機能を利用できるようにしたアプリケーションソフトウェアもしくはその提供形態のこと。必要な機能を必要な分だけサービスとして利用することができる

変化し続ける会社だからこそ、
強みを発揮できる。

私たちが提供するサービスは、いままさに爆発的な広がりを見せています。この1年の成長率は、約1.5倍。個人の足し算だけでは、到底なしえないスピードです。でも仕組みの力をかけあわせれば、こうして実現できる。それぞれに強みを持った個人と、優れた組織のパフォーマンスが一致すれば、創造性はまだまだ高まっていくはずです。

イグナイトアイで働くメンバーの共通項は、人に対する真摯な姿勢。でも、キャラクターや目指す働き方、バックグラウンドなどが似ている人は、あまりいません。だって、同じような人ばかりいても面白くないでしょう?今の当社にない強みを持っている人や、新しい突破口をつくってくれそうな人を、積極的に採用しています。

発展途上の当社に入社するのであれば、ぜひ、仕組み作りにも寄与してほしいです。これから更に成長するためには、フェーズに合わせた最適な体制を作り続けなければいけません。チャンスは社内のあらゆるところに転がっています。うまく拾えば、すごい速度で成長できる。ビジネスも会社も、どんどん変化していくべき。そんな場所を、ともに作ってくれる人に巡り会いたいですね。

Member Interview

創造的な生き方を一緒に追求しよう。
ビジネスの成長期をともに体感しよう。