Mission

なぜやるのか?

自分たちも、お客様も、
創造的な生き方・働き方をするために。

代表取締役 吉田 崇

イグナイトアイという社名にも、企業としての経営理念にも、組織としてのあるべき姿にも、
共通している私たちの軸があります。それは「創造的な生き方、働き方」の実現。
これこそが私たちの仕事によって成し遂げたい未来の姿です。

テクノロジーで、採用を変える。
変わる。変えていく。

「イグナイト=着火する」、「アイ=瞳」。
「イグナイトアイ」は、提供するサービスで人々の瞳に火を灯したい、という想いから始まりました。いまでこそ多くのお客様やパートナーに支えられている当社ですが、起業した初年度は波乱の連続で、まさにジェットコースター。「テクノロジーで採用を支援する」という軸は定まっていたものの、日々減っていく資金や圧倒的に足りない時間・人手に追い詰められながら、全力以上の力を注いでお客様への価値提供に集中する毎日でした。

あとから振り返ると、ぎりぎりまで追い詰められた経験はその後、進むべき道を明確にしてくれました。自分たちの価値が何なのかを徹底的に考え抜き、「見える化・自動化・安価」という言葉に集約させ、マーケティングや営業に反映させていってから、実際に風向きも変わってきました。世の中がHRTech※に注目しはじめる追い風もあり、一気にアクセルを踏み出せています。

そして現在、イグナイトアイが提供できる価値は、具体的にふたつあると考えています。ひとつは、テクノロジーを使って「時間」を創り出すこと。そしてもうひとつが、創り出した時間で「次の一手」を行うためのヒントを提供すること。お客様の採用成功事例を蓄積し、カスタマーサクセスが提案したり、事例共有するユーザー会を開催したりと、お客様の“創造性”の部分までをサポートしています。いずれはこの提供価値をさらに推し進め、「この1画面にログインさえすれば、あらゆるHRTechツールと連携してすべての採用業務が進められる」というプラットフォームを提供していきたいと考えています。

“HR(Human Resource)×Technology”を組み合わせた造語。最先端のテクノロジーを使い、採用・育成・評価・配置などの人事領域の業務改善を行うサービス群を指す。

ビジネスの成長期にしか、
見られない景色がある。

いまイグナイトアイは、自分たちでも明確に体感できるほど「急成長」しています。まさにビジネス・ライフサイクルにおける「成長期」にいますが、こうした“ビジネスの成長期”に関われるチャンスは、さほど多くないもの。長いビジネス人生のなかでも、貴重な機会だと思います。
成長期では、自分が働くことでお客様にたくさん感謝していただける上、会社も伸びていくため、単純に仕事がすごく楽しめるはず。そして、ここで味わう刺激的な成長は、今後のビジネス人生においても、自身を支える原体験となるでしょう。

当社がミッションに掲げる「創造的な生き方・働き方」を実現するのは、お客様だけでなく、自分たちも同じこと。そのために、今後も組織やカルチャーを整えていきます。イグナイトアイはまだ数十人の会社のため、一人ひとりの存在感がとても大きい環境です。だからこそ、その影響力を存分に楽しんで、自分の能力を最大限に開放してほしいと思います。自分の人生をコントロールする――そんな気概を持って、当社を“舞台”として活用してもらいたい。能動的に参加し、一緒にこの会社を創っていきたい、そんな方からの応募を心待ちにしています。お互いに知恵を出し合い、力を合わせて、前に進んでいきましょう。

代表取締役 吉田 崇

2002年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、在学中からインターンシップに参加していた人材コンサルティング会社へ入社。大手企業を中心に採用コンサルティングにて多数実績を残す。2005年、双日株式会社へ入社。一貫してIT・モバイル関連ビジネスに携わる。日本および米国企業へのPrivateEquity投資、上場企業へのTOB等の投資実務多数。2008年、米国駐在(サンノゼ)。2010年、双日とKDDIの合弁企業であるCJSC VOSTOCKTELECOM(露)のINSPECTOR(監査役)就任。2013年、イグナイトアイ株式会社を設立し代表取締役に就任。

Corporate Philosophy

Mission

会社の存在理由

創造的な生き方・働き方へのシフト

Vision

目指すゴール

私たちの提供するサービスは、
社会最適・業務最適に貢献する
プラットフォームとなる事を目指します

Value

行動指針・文化

Ignite “I”
自ら学び、自ら行動する。「自燃する個」が創発しあい、仲間の心にさらなる火を灯す。
ベスト・プラクティス
連続性や継続性に欠ける行動を慎み、「あるべき姿」を常に考え、新たな“型”を生み出す。
見える化・自動化・安価
提供サービスも、組織自体も、3つの視点からアプローチし、社会最適・業務最適を目指す。
Time Of Value
時間の価値を認識し、スピードのある判断・対応と、納期を意識した推進を行う。
とりあえずやってみる
仮説を発見すれば、とにかく小さなアウトプット行い、試した結果から決断・改善する。
関係性の質を高める
他者は仲間である事を認識し、外向きのマインドセットで共に高め合い、全体の成果に目を向ける。

創造的な生き方を一緒に追求しよう。
ビジネスの成長期をともに体感しよう。